こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

今日はいくつかの夢を見ました。

覚えているところからだと、どこかの家の住人が、近所の家に大きな配線をつないで電力を盗んでいました。それがバレた住人は、その装置を切り離して家ごとどこかへ移動してしまいました。

そのあとその通りを歩いていると、あたりが真っ暗になり、目の真っ赤な子供だか老婆だかが出てきて、私の腕をつかんで家まで案内しようをしてきました。私はビックリしながらも付いていくと、そこにはその人も含め4人の餓死寸前みたいな人たちが住んでいました。それを見た私は、慌てて近くの自宅に戻り、調理などに使うボールに水を入れ再びその家まで行きました。その際に、途中で出会った人たちにも声をかけていたかな。

戻ってその家の主人っぽい人が手に持っていた同じようなボールに水を移し変え、みんなに飲ませていきました。そのときすでに真っ暗だったので、唯一その家にあった電球をつけると、老婆がお金がもったいないと言い出しました。それを聞いた私は、見えないとどうしようもないですよと言うと、その人たちは普段からその状態のようで、よく見えるそうです。

ほかには、その家の裏通りを歩いてみると、先ほどと同じように電力を盗んでいる家を発見したので、盗まれている家の人に報告すると、盗んでいた側の家が前のところと同じように、家ごとどこかへ移動してしまいました。その際に取り残された機器を、盗まれた住人があさっていたかな。

今日は、夜中に何度も目が覚めたので、覚えているのは断片的です。

最初は、仕事の悩みのカウンセリングを受けている場面だったと思います。どこかの施設に行ってカウンセリングを受けていたのですが、その内容がかなり難しく、非常に分かりにくかった気がします。

そのあとは、どこかの田舎に訪れてる場面があったと思います。電車で移動しているところと、現地に着いてから車で移動しているところと、色々あったのですが、非常に坂道の多いところを何人かと一緒に歩いている場面もありました。その際に、アニメとかにある傘の代わりになるような大きな葉っぱが、生い茂っているのが印象的でした。

最後は、再びカウンセリングを受けている場面。但し今度は、前回の反省も踏まえて、簡易的なカウンセリングを受けようと言うことになったのですが、内容や時間、複雑さなど全てが半分になっていました。

今日は、会社の夢を見ました。

一年ほど勤めた際に、常日頃から気になっていたことを他の人から聞かれました。それはニオイについてです。勤務中に非常に不思議な感じのするニオイが漂っているのですが、どうやらそれは汗だったようです。それを確かめる実験映像を見せてもらったのですが、低重力で密閉された空間では、汗をかくとそのニオイが非常に早く伝わるというものでした。勤務中はそういった空間にいるため、いつも不思議なニオイの伝わり方をしていたそうです。そしてそのニオイに耐え切れず、毎年辞めていく人がいるそうで、私が今暮らしているアパートにも昔、社員が住んでいたという話をしてくれました。その際、私は長さがほんの少ししかありませんよと話していたのですが、何のことだったかは覚えていないかな。

あと、同期の人が近々健康診断で欠席するという連絡を受けたりもしていました。

今日は、よく分からない夢を見ました。

かなり長い夢だったと思います。覚えているのは途中からで、何かのゲームの中の話のようでした。薄暗い木造の建物の一室に集まっていました。どうやら私が未来に戻らなければならないようで、それを見送るという形で何人かの人たちが回りにいました。そして何かを話したあと、場面が変わりました。

よくは分かりませんが、その昔に父に連れられて訪れたことのあるような街並みだったと思います。集合住宅が並んでいて、その一室に父の友人が住んでいたため、何度か夕飯をそこで食べた記憶が蘇ってきました。そのまま先へ進むと、ランドセルを背負った子供たちが「いの~ち~かけてと~」と歌いながら下校していました。私はそれを横目に先に進むと階段を下りて、途中にある部屋に入っていきました。そこに待ち合わせをしていた人がいて、一人は女の人で、もう一人は見知らぬおじさんだったと思います。女の人が昔の話をしだしたあと、私もその当時のことを話し始めました。すると、場面が再び変わり、駅のホームになっていました。

乗換駅のホームで、私が高校へ通うために一人暮らしを始めたところだと他の2人に話していました。そして3人で駅を降りて歩いていると、父のおじとおばにあたる家が近くにあったため、よくこっちの方に遊びに来ていたと話し出しました。するとよく見ると、先ほどの集合住宅がみえてきて、同じようによく連れてこられた話もしていました。さらに同じように下校途中の小学生が同じ歌をうたっていて、その横を通り過ぎると、先ほどの階段を3人で下りていきました。今度は途中にある部屋ではなく、一番下まで下りていきました。するとそこは宿泊施設になっていて、一緒にいた女の人が子どもと一緒に一泊する予定だと言っていました。一泊子どもと2人で1万円だと話していて、それを聞いた見知らぬおじさんが「ずいぶん高いなぁ」と驚いていました。その辺りで目が覚めたかな。

今日は、会社の夢を見ました。

年に一度、社員に粗品が郵送されるというシステムがあるそうで、どこに送ればいいのかを総務に伝える必要がありました。その際に、会社と同じ市内ならケーブルとかをまとめる、ねじるやつと紙を封筒に入れ、それ以外は紙だけを入れていました。なので私は上司の封筒を覗いてみたら、ねじるやつが入っていたので市内なのかとつぶやいていました。

そして実際に粗品を届けてもらうのですが、ほんとうにその品でいいのかを誰かに相談しようとしていました。どうやら結婚式の引き出物とかにあるシステムみたいなやつで、カタログから選んで送ってもらうやつのようです。そこでいろんな人に何を送ってもらうのかを聞いて、自分はどれにしようかを決めようとしていました。その辺りで目が覚めたかな。

今日は、あちこち移動する夢を見ました。

引っ越した先の新転地で、いろんなところへ移動して見て回っている場面だったともいます。スーパーや郵便局、パン屋にドラッグストアと色々回りましたが、図書館を出た辺りで、地元の人が車で案内してくれるということで、一緒に乗り込みました。ところが、エンジンを掛けようとしても全くかからなかったので、仕方なくすぐに下りてそのまま歩いていくことにしました。

ほかにも、あちこちで何かあったような気がしますが、覚えているのはそれぐらいかな。

今日は、実家の夢を見ました。

普段とほとんど変わらない実家でしたが、よく見るとところどころ違う部分もありました。そこに親戚がやってくるということで、部屋の掃除などをしていたのですが、なぜか最終的にお風呂の掃除をしていました。ところが風呂場に入ろうとすると、中に大量のハチがいて入ることができませんでした。そしてドアの隙間からハチが出てきて、家中大騒ぎになっていたかな。

後半は夜の場面。親たちが出かけている間に、なぜかユーロビートの曲を作る作業をしていました。そしてみんなが帰ってくるタイミングで、それを流そうとしていました。その途中でトイレにいって戻ってくる辺りで目が覚めたかな。

今日の夢は、ほとんど覚えていません。

市役所のような施設に訪れている場面だったと思います。そこで何かの手続をしていたのですが、いろんな人がやってきて、そのなかにおばあちゃんがいて、しきりに何かを訪ねていました。私はそれを眺めながら、待合用の椅子に座っていたかな。

覚えているのはそれぐらいです。

今日は、よく分からない夢を見ました。

覚えているのは部分的なのですが、まず親戚の家に訪れている場面。田舎というよりか昔の家といった感じの木造建築で、新しくレースをひいて兄弟共有の部屋に区切りみたいなのを作ったと、話していました。なのでその部屋を見せてもらったのですが、やはり子供のころに戻ったような、そんな雰囲気の部屋でした。どこか懐かしい感じのする景色でしたが、見た記憶はなかったかな。

後半は、靴のサイズがあわなかったからと言うことで、新しいものに取り替えてもらう場面。といっても結局は自分で購入して、大きいほうはオークションに出すといった流れだったかな。なのでオークションに詳しい人に頼んでやり方を聞くと、なぜか値段がドンドン下がっていく方式のオークションの説明をしていました。

今日の夢は、あまり覚えていません。

どこかの観光地の商店街のようなところに訪れた場面だったと思います。そこの饅頭だかせんべいのお店に入って注文をし、お店の前の赤い布がかぶせられた長いすに座って食べていました。ついでにお茶ももらっていたかな。私一人だったような気もしますが、誰かと一緒だったかもしれません。

それ以外だと、電車に乗って移動している場面もあったかな。こっちは誰かと一緒だったと思います。

↑このページのトップヘ