こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

今日は、よく分からない夢を見ました。

何人かで、電気に関する公式を使って計算を行っていました。オームの法則とかそういうやつです。計算を行っているときに、一人だけ難しそうな顔をしていたので覗いてみると、意味不明な計算方法で計算していました。私が何で公式を使わないんだと聞くと、「公式を自分達で作るんじゃないの?」と聞き返してきました。どうやら計算するのではなく、公式を見つけろと言われたのだと勘違いをしていたようです。

みんなでその公式を見てみると、結構複雑ながらもまともそうな感じだったので、「すごい!」と驚いていました。

今日は、授業の夢を見ました。

比較的小さな教室で、何かの授業を受けていました。生徒数は20人にも満たない感じでしたが、講義をしている先生に加え、後ろでも2人の先生がサポートしているといった体制になっていました。後方の先生のうち、1人は長年その業界に勤めている人で、もう一人は若手のOB的な人でした。そのOB的な先生は、とにかく目次というか、キーワードを沢山耳に入れておいて、いつでも検索できるようにしておくというスタイルの人で、その検索のスピードや正確性のほうが重要と考えているタイプだったので、唐突にベテラン先生から「もちろん覚えていますよね」と生徒ではなくその先生にふってみたら、うろ覚えだったため「ダメだよー」と言われていました。

授業が終わった後、そのOB的な先生が実習室へ行き、電源が入りっぱなしになっていたハンダゴテを手にして、なにやらやり始めました。どうやら昔を思い出して、半田付けをしようとしているみたいでした。ただ、あんまりうまくいっていないようだったかな。というのも、完全にソフトウェア寄りの仕事をしているので、ハードウェアは普段あまり触らないみたいです。それでも、落ち込んでいるようには見えなかったかな。自分のスタイルに自信を持っているようだったし、そのスタイル自体もみんなから支持され評価されたいたようだったので。

今日の夢も、あまりハッキリとは覚えていません。

どこかの遊園地の料金システムを考える会議に出席していたと思います。そこで、自動で料金を徴収できる機械の中身をどうするか、みんなで考えていました。基本的にはソフトウェアで制御する感じだったかな。なので、どういうプログラムになるかも話し合っていました。

それ以外だと、実際の乗り物を見て回ったりしている場面とかもあったかな。

今日の夢は、部分的にしか覚えていません。

どこかの宿泊施設のようなところに、数人の知り合いと一緒に来ていました。そこの施設にあるマッサージチェアが置いてあるコーナーを覗いてみようとしたら、貸切予約がされていて入れませんでした。施設の人に聞いてみると、どうやら修学旅行かなにかの団体客が来るらしく、ほとんど全てのコーナーが貸しきり予約されているということでした。

それ以外だと、楽器演奏をしようとしている場面とかもあったかな。

今日の夢は、あまり覚えていません。

杖だったか剣だったかは忘れてしまいましたが、音がなるものを作っていました。特に音の高さや鳴り方を調節していたかな。夏祭りとかの夜店で売られているようなおもちゃの類だったと思います。波形のようなものを見ながら、周波数を調節していました。

覚えているのはそれぐらいです。

今日は、よく分からない夢を見ました。

何人かで、どこかの山奥にあるボロボロの小屋に行くことになりました。高速を使ってたどり着いた頃には、もう真っ暗になっていました。なので、今夜はその小屋に泊まることになったのですが、何故か途中で台所辺りにある小さな窓から外に出ようとしだしました。

一人ずつ順番に台所に上ってゆっくり外に出ると、そこは湿地帯みたいに大量の葉っぱに覆われていました。そしてみんなが出てくるまで待っていると、途中でもう出れないということになり、窓を封鎖しようと当たりを見回していました。すると場面が変わって、私たちはその家を改装していました。家といっても、ビルみたいな感じになっていて、父が物凄い長いはしごを取り出して、上のほうに上っていきました。どうやらそれぞれに担当場所があるようで、母や姉も何かやっていました。私も覚えていませんが、何かを担当していた気がします。

そして一通り直し終わると、地域住民たちがやってきて差し入れをしてくれました。その量が凄まじく、どうやらその日はお祭があって、この場所が休憩所になるみたいなので、大量の食べ物が用意されているようでした。おば、ちゃんたちが、「またあの子達くるかね」と私の友人達の話をしていました。ちなみに出された食べ物は、きゅうりの輪切りとかお茶っ葉とか、意味不明なのが多かったかな。

今日は、よくわからない夢を見ました。

吉本新喜劇で見かける3人の外国人がホームステイにくるという感じの場面でした。実際にはホームステイではなく撮影か何かをしていたのですが、一番右にいたメガネの天然パーマキャラが、休憩から戻ってくると息が白くなっていました。室内なのでおかしいなと思ったら、さっきまでタバコを吸っていたようです。それを見た観客たちが、あの見た目でタバコを吸うと、キャラが台無しだなと言っていました。

他の場面だと、ファミレスみたいなところに友人たちがノートパソコンを持ち寄って集まっていました。その中の一人が、腕時計で操作できるぬいぐるみを使って、遠くの場所に物を届けようとしていました。遠隔操作で電車に乗せて郊外の大型店みたいなところを目指していたのかな。現在地はスマホで確認していました。私は一旦家に戻って昼食後に戻ってくるといって店を後にしたのですが、スマホを忘れてしまい、結局すぐに戻っていました。その際、自宅からお店までジャンプして移動していたかな。

今日は、アメリカのドラマみたいな夢を見ました。

使われなくなった学校に住み着いている人がいました。私と他の仲間たちは、その廃校に侵入して、住人に銃を突きつけて動きを止めた後、ダンボールやガムテームで封鎖された場所をこじ開けて、中に入りました。すると中には大きな金庫があり、トレーラーに乗せられていたので、押して外に出そうとしました。どうやら、以前に銀行強盗か何かをして盗んだ金庫を、閉鎖された学校に隠していたようです。そしてほとぼりが冷めるまで待ってから明けることになったのですが、人が住んでいたため突入したようです。まぁ仲間たちは、住人がいたおかげで他の人たちに見つからなかったのかもと言っていましたが。

ちなみに、用済みになったその住人を消すかどうかで、少し揉めていました。無益な殺生はよくないといいながらも、強盗をしたときにだいぶ殺害をしたようで、1人くらい変わらないという意見も出ていたかな。

今日の夢は、断片的にしか覚えていません。

まずはウエディングドレスを選んでいるような感じの場面。新婦なのか、そういうサービスを女性が利用していたのかはわかりませんが、いろんな種類のウエディングドレスを試着していました。ただ、その女性自体は見たことない人だったかな。

それ以外だと、こちらも見たことのないおばあちゃんが出てくる場面とかもありました。昔ながらのおばあちゃんといった感じで、だいぶ白髪だったのが印象的です。

今日は、ルーレットの夢を見ました。

子どものおもちゃのような手のひらサイズの機械を作っていました。7セグメントLEDが1つ付いていて、スイッチを押すと音が鳴りながら光りだして、もう一度オスと止まるという仕組みです。その際に数字が表示されるのですが、その値によって当たりやハズレの演出をするというものでした。私は、その数字がでる確率をバランスよくしようとしていました。子供はもちろん、大人の人たちにも使ってもらって統計を取ったりしていたかな。

↑このページのトップヘ