こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

今日の夢は、ハッキリとは覚えていません。

スーツを着た外人のような人たちが何人か出てきたと思います。英語を話していたかカタコトの日本語だったかは覚えていませんが、ピタッとした高級スーツを着た人物がいた気がします。そこで何をしていたかは思い出せません。

それ以外だと、何かを準備している場面もあったかな。一人で運ぶのがやっとぐらいのサイズのものを、用意していたと思います。

覚えているのはそれぐらいです。

今日の夢は。あまりハッキリとは覚えていません。

何かの資料だかプログラムだかを閲覧していたと思います。その中に間違った箇所があるということで調べていたのですが、その箇所がどこだかなかなか分からないでいました。そして起きる直前辺りだったと思うのですが、何度か寝なおしたため、そのたびに少しずつ話が飛び飛びに進展して、最終的には見つかっていました。

覚えているのはそれぐらいです。

今日は、よく分からない夢を見ました。

誰かと一緒に動画の確認作業をしていました。非常に薄暗い動画で、何が映っているのか分かりづらいという状態だったので、みんなで目を凝らしてみていたのですが、上側が黒く、下側が白で、境目にノイズのような感じで動いているので、再生されているのは分かるという程度でした。

そこで私が、モニターの明るさを全開にしてみると、人形劇のような映像が見えてきました。山奥の村といった場面だったかな。それをみて何かを話していた気がするのですが、覚えているのはそこまでです。

今日の夢は、断片的にしか覚えていません。

全体的にどういう流れでそうなったのかは分かりませんが、アスレチックみたいな感じのマップを大勢で攻略している場面がありました。みんなプレートというかメダルみたいなのを持っていて、それを所定の場所に置いてくると、ポイントになるというシステムのようで、飛び越えられないような谷間の先に、みんなしてメダルを投げていました。

そんな中、わたしはその谷間を飛び越えて、メダルをセットしようとしたのですが、すでに投げただけでどうやってここまで来たんだというメダルがあちこちにあり、気づけば輪投げだか射的だかの夜店みたいな雰囲気に変わっていました。的がひな壇みたいなところに置かれていて一番上の段は特別賞になっていたかな。

それ以外にも、荒野というかグレートキャにオンみたいなところにある横穴に、みんなで訪れている場面とかもあった気がします。

今日は、よく分からない夢を見ました。

近くにある団地に訪れている場面だったともいます。そこにある友人の家に訪ねているところで、ギターケースを手に持っていました。友人が出てくると、丁度昼食だか夕飯だかを食べに近くの商店街に行くとことみたいでした。私はその商店街で食事をしたことが無いので、どんなお店があるのか気になるという話をしていましたが、結局一緒には行かず、そのままその友人お部屋の中に入っていきました。

その団地での場面は、他にも色々あったと思うのですが、気づけば場面が変わって、見たことの無い建物の中にいました。どうやら会社の事務所の中のようで、私はその会社に新しく就職したみたいでした。そこで臨時に用意された机に旧式のデスクトップPCが置かれていて、私はそれを操作していました。

結局どういった流れでそうなったのかは分かりませんが、部分的な記憶としては、そのデスクトップPCがなくなっていて、臨時の机の上に自前のノートPCを広げて作業をしている場面や、お得意先に訪れたら知り合いの会社で、そこでカレーを食べている人を横目に奥へ入っていく場面とか、かなり色んな場面があった気がします。

今日の夢は、部分的にしか覚えていません。

何かの資料について話をしている場面だったと思います。エクセルの表みたいなものを見ながら、そこにある項目のひとつが不要なのではないかということで、少しだけ議論になっていました。不要な項目にもいちいち入力をおこなっていると無駄になってしまうので、非表示にすることにしていたかな。

その前は、古い友人達と一緒にMTGか何かのカードゲームをしようとしている場面がありました。どうやら久しぶりにプレイするようで、最近のカードだから全く分からないといった感じで、シールド戦だかドラフト戦だかをプレイしていたかな。

あとは、その古い友人のかなに彼女と結婚したという人がいて、お祝いをしていたり、見たことも無い家に訪問して、めがねが壊れてしまったから駅前まで行くためにその家を出ようと明かりを探している場面。玄関の入り口を出ると、これまた見たことの無い風景画広がっていて、さっきまであった場所がショベルカーで取り壊されていました。私は端に寄せられていた自転車に乗り、駅前に向かおうとしていたかな。

今日は、よく分からない夢を見ました。

たぶん自転車で移動している場面だったと思います。大勢の人たちがいて、おそらく学校の生徒達か何かだったかもしれません。クラス単位の人たちである場所に向かって自転車をこいでいました。そこは駅前みたいな感じなのですが、反対側に大きな石の壁がそびえ立っていて、見上げても空が見えないくらいでした。そこに集まった後、今度は来た道を戻ることになったのですが、とにかく薄暗くて雨の日みたいな感じでした。

戻るときに、何故か逆方向に行く人たちもいて、話を聞くとどっちから行くか決めなさいと言われました。私は友人と一緒に戻ることにしたので、友人についていくことにしました。

それ以外の場面として、京都とかにありそうな古いお寺みたいなところに訪れている場面とかもあった気がします。

今日は、プログラムの夢を見ました。

通信用のモジュールを編集している場面だったと思います。非常に複雑で、1度の通信で色んなところの関数が呼ばれていました。というより、どんどん潜っていくような感じかな。通信方法によって違いはありましたが、基本的には同じところを通ることは変わりありません。

その流れの中で、異常が無いかを確かめつつ、異常があれば修正するという作業をしていたのですが、何を持って異常なのかが分からず、またデバッグで実際に潜ってみないと、今どこにいるのかも分からないので、非常に難航していました。

今日は、どこかへ移動している夢をみました。

どういう経緯でそうなったのかは分かりませんが、友人と一緒にスマホのナビ機能を使って、とある建物を目指して移動していました。たしか自転車だったと思いますが、周りは見たことも無い風景だったかな。天候は曇りで非常に薄暗く、周りにある建物も日本的ではなかったと思います。夢の中ではロシア的な感じだと言っていたかな。

しばらく一緒に自転車で移動していると、坂道みたいなところにやってきて、そこを一生懸命進んでいると、背後から車が近づいてきました。私たちはそれぞれ両脇に酔ったのですが、どうやらその車自体、道を間違えてしまったらしく、結局少し先のY字路でUターンしようとしていました。私たちはそこを左に曲がると、友人がスマホのバッテリーがやばいと言い出しました。そしてもう1台のスマホを取り出したのですが、そちらも微妙だということでした。なので、少し急ごうと私は言い、その先の信号を渡り始めました。

すると、ナビはすぐそこだと示しだしたので、私たちはそこへ飛び込んでみました。すると別の場所にワープして、さっき見たことのあるような広場に着地しました。どうやらナビがさしていた場所と、実際に行きたい場所が違っていたようです。

それ以外にも、データを送受信するための方法を決める場面とかも、あった気がします。

今日の夢は、あまりハッキリとは覚えていません。

何かの作業をしていて、旧式というか旧仕様では動かすことができるのに、今の仕様では動作させることができなくて、だいぶ悩んでいました。機械的なものではなく、ソフト的な感じだったかな。どういった内容かは思い出せませんが、誰かと一緒にその方法を考えていました。

覚えているのはそれぐらいです。

↑このページのトップヘ