こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

今日は、よく分からない夢を見ました。

何かの試験を受けようとしている場面だったと思います。予定時刻ぎりぎりに着くと、すでにみんな着席していて、私もすぐに着席するように促されました。そして問題を解く前に「どうしますか?」と聞かれたので、私は「使います」と答えると「1万円でいくんですか!?」と驚かれたので「ちゃんと保険証を持ってきました」といって3割負担にしてもらっていました。

それ以外だと、電車に乗って遠くへ行く場面もありました。かなり乗り継ぎをしてたどり着いた先には、誰もすまなくなった廃墟みたいな家があって、そこを改装しようということになっていたかな。

今日は、弓の夢を見ました。

おそらくPath of Exileの弓キャラを使っている場面だったと思います。弓を撃って戦っているというよりかは、弓をテンポよく撃ってモールス信号のように通信を行っていました。誰と通信をしていたかは分かりませんが、何かの文字を伝えようとしていたかな。

それ以外だと、敵からも弓のようなものを撃たれている場面があったのですが、それを解析しているような場面もあった気がします。ハッキリとは覚えていないのですが、弓が通過するタイミングで、何かを観測していたかな。

今日は、変わった夢を見ました。

おそらく就職活動をしている場面だったと思います。いくつか書類を企業に送った後だったみたいで、小さな封筒が送られてきていました。普段だと、書類がそのまま送り返されて不採用通知が添えられていたので、それが入っていなさそうな小さい封筒をみて、これはもしかしたらとなっていました。

封筒を開けてみると、書類審査通過と面接のお知らせが入っていました。そのあと何故か、楽器店へ行ったり登山をしようとしたりしていたかな。

今日は、よく分からない夢を見ました。

Path of Exileのパッシブスキルツリーのようなものを使って、スキルを振っていました。そのスキルは、就職や転職などで使う、一般的な技術スキルばかりで、ツリーの伸ばし方次第で、専門職が決まってくるといった感じになっていました。私は転職をしようとしていたのかは分かりませんが、そのツリーを一生懸命振っていました。

それ以外だと、大勢の人たちが無限ループを解消させようと奮闘している場面や、演奏する楽器をみんなで選んでいる場面、あとは夜の日本料亭を歩いている場面とかもあったかな。

Path of Exile のBreachリーグ、2キャラ目として使っていた弓レンジャーが、アクシデントに見舞われて死亡してしまいました…。
screenshot-0524
プレイしていたら、急にマウスが効かなくなって、カーソルを見失ってしまいました。そこでガチャガチャと動かしていたら、近くにあったレアのStrongBoxを開けてしまい、一斉に敵に殴られてやられてしまいました。その間、結構時間があったので、最初はカーソルを見つけようとさらにガチャガチャやっていたのですが、慌ててEscでログオフしようとしたけど、慌ててしまい失敗し、そのままお亡くなりコースでした…。

ユニーク矢筒の「Skirmish」を失ったのも痛いですが、それ以上に5リンクの鎧を失ったのが痛恨ですね。それと弓もかなり強かったので、それも失ってしまいました。まぁやってればこういうこともありますわ。

気を取り直して、3キャラ目はデュエリストで両手剣装備で進めています。せっかくなので使ったことの無いスキル「Frost Blades」を試しに使っているのですが、これがなかなかいい感じです。強力な両手剣もあったので、ひとまずはこれで突き進めそうです。
screenshot-0525
ちなみに、「Pyre」というユニークリングを手に入れたので、装備して氷ダメージを火ダメージに変換して攻撃しています。

■Path of Exile
http://www.pathofexile.com/

今日は、試験のような夢を見ました。

何かの試験対策をしていたと思います。複数の科目があって、それぞれを勉強していたのですが、各科目のデータをもらうために、それぞれに部署みたいなところへ訪れて、データを貰っていました。すると、部署ごとにデータの管理方法が違っていたのか、データそのものが別物だったのかは分かりませんが、行く先々で違った対応をされていました。この辺はあまりハッキリとは覚えていないので、あやふやですが…。

今日は、かなりたくさんの夢を見た感覚があるのですが、覚えているのは部分的です。

まず最初は、糸を探していた教授が「ようやく見つけた」と言って見せたのは、蜘蛛の糸でした。そこで教授は密林の中に入って、大きな蜘蛛から糸を沢山取ってこようとしていました。ただ、見るからにゲームとかに出てきそうな大きさの蜘蛛だらけだったので、蜘蛛が苦手な私は行くのを拒んでいました。

そのあと、どこかの部屋に入っていき、そこの奥には小学校の工作室とかにあったような硬い木の椅子が、いくつか置いてありました。

あとは、友人の家でモバイル型のゲーム機でゲームをしている場面がありました。ゲーム機自体が非常に古く、逆にそれが懐かしくていろいろとやっていたかな。といっても、そんなに種類はなかった気がします。

今日は、授業のような夢を見ました。

最初は、ただ単純に速さや時間、距離を求める問題を解いていました。そのうちメガネをかけた男の人が講師のように講義を始めだして、黒板にいろいろと書き始めました。といってもチョークとかではなく、変わった方法で書いていたかな。パソコンのデスクトップ画像みたいなのも表示したりしていたので。

その講師は、やたらと英語表記をすることにこだわっていて、私たちはいちいちそれをググって調べていました。さらに問題がエスカレートしていき、パソコンのクロックを用いた速さの計算になっていたかな。

今日の夢は、見ていた感覚はあるのですが、だいぶ忘れてしまいました。

たしか、2人ぐらいで何かを数えていたような気がします。その際に、板のようなものを移動させて、現在の数を表そうとしていました。と言うのも、かなりの数を数える必要があったようで、覚えていられなかったからみたいです。

覚えているのはそれぐらいかな。

今日も、よく分からない夢をみました。

Path of Exileのスキルツリーのようなものを伸ばしていたと思います。非常に複雑なツリーになっていて、それをコピーしようとしていました。そのためには坂道になっているところを上ってあることをしなければならないということでしたが、なかなかうまくいきませんでした。結局、部分的にしかコピーできていなかったかな。

それ以外だと、大型のネズミを捕獲するという場面もありました。漫画とかにでてくる下水道みたいなところで、待ち伏せをしてつかまえようとしていました。

↑このページのトップヘ