こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

今日の夢は、部分的にしか覚えていません。

まずは、ゲームセンターで何かをやっている場面。ゲームをしているというよりかは、何かを探しているか、ただ通りがかっただけだったと思います。ゲームセンター自体は非常に大きく、その外側にはオフィス街みたいなのがあり、ビル風が吹き荒れていました。

そのあとは、仕事先の女の人に何かを相談している場面だったと思います。ハッキリとは覚えていませんが、たしか住所変更に関することを聞いていたような気がします。引っ越すため、新しい住所を登録するひつようがあったため、その手続の方法を聞いていたんだと思います。

今日は、街の夢を見ました。

自分達で、街を作り上げていくゲームのような感じだったと思います。住宅を並べていって、施設を各ポイントに設置していっていました。そして、たぶんモビルスーツだったと思うのですが、それを配置して警備させていました。MSに装備させる武器のスペック表を見ながら、どれにするか選んでいたかな。威力のほかに射程や連射速度、DPSどかもあったと思います。私は基本的にジムを配置させて、ビームライフルを持たせていました。

今日の夢は、あまりハッキリとは覚えていません。

たしか背の高い人がいて、その人が手に資料のようなものを持ちながら、何かを覚えようとしていました。それを私のほかに何人かで観察と言うか、あれこれ言ってアドバイスしていたかな。

それ以外だと、ゲームに出てくるような村を散策したりしていました。そこでイベントマークの出ている村人に話しかけて、質問に答えていたりしたかな。質問の内容は、非常に複雑で、とても分かるような感じではなかった気がします。

今日は、いくつかの夢を見ました。

最初は、木造の建物に訪れた場面。中が見える透明な引き戸になっていて、中に入ると細長い机が並んでいました。そこでくつろいでいると、奥のほうで知り合いたちが何かをしているのに気づき、私もそっちへ行ってみました。何をやっていたかは覚えていません。

そのあと、Path of Exileのようなジェムを装備品にはめている場面。攻撃スキルに攻撃速度が早くなるサポートを複数リンクさせることができるようになったと聞いて、沢山つけて試しに戦おうとしていました。すると、下の階まで下りて、ビル街にやってきました。そこには沢山の人たちがいて、フラッシュモブをやっている人たちもいました。私はそこを通り抜けようとしたのですが、通り抜けられず右往左往していました。

最後は講義を受けている場面。資料を配られたのですが、透明なプラスチックのケースをうまく広げていくと、今まで配られていた紙の資料みたいになるということで、みんなプラスチックを広げていました。私も広げようとしたのですが、どうしても文字が書いてあるほうを表にできず、気づけばプラスチックが黄色い斑点のついた赤い色に変わっていました。先生にそれを伝えると、理由が分からないといって新しいのと交換してもらうように言われました。もう一人の先生から新しいのをもらって、再度広げようとしたら、最初の広がる部分が見当たらず、再び先生に尋ねると、これは隠れているタイプだから引っ張り出さないとダメだねと言われ、ガリガリと爪で引っかいていました。その辺りで目が覚めたかな。

今日は、思い出の夢を見ました。

夢の中で、昔のことを思い出していました。以前、求人に応募して採用されたにもかかわらず、ほとんど通うことなく行かなくなってしまった会社を、久しぶりにグーグルマップで見てみました。すると、外の壁に私を探しているというポスターみたいなのが貼られていました。まだ私のことを待っているのかと思い、新しい仕事先が決まっている状態でしたが、謝罪をしに訪れてみることにしました。

訪れてみると、顔ぶれはだいぶ変わっていましたが、社長は健在で私のことを覚えていてくれました。さらに顔を出してくれたことに歓迎してくれて、いろいろ話をしたり、同時やりかけていた仕事の残りを見せてくれたりしました。それは試作用の基板に部品をハンダ付けする作業だったようです。

社内を見回すと、女の人がNucleoを使ってなにやら作っていました。いくつかの増設ボードが積み上げられていて、それを試作機として使っているようでした。

今日の夢は、部分的にしか覚えていません。

最初は校長室のような個室で、誰かと話をしている場面。大きな木の机と壁も木造になっていて、机には高そうなペン立てが置いてあったかな。

そのあとは、申込用紙とかにある名前を四角い枠に一文字ずつ書く場面。四角い枠が沢山並んでいて、そのマスに名前や住所を書いていたのですが、区切りで1マス空けるのかどうかが分からず、係員に尋ねていました。

覚えているのはそれぐらいです。

今日は、就職先が決まった後の夢を見ました。

就職先が決まって、あちこちにあいさつ回りをすることになりました。車で移動して、職場がプレハブの会社にやってきて、社長にソーセージを2本渡していました。そのあとも同じようにソーセージを渡していたのですが、何故か内定を辞退した会社に渡していることに気づき、だいぶ焦っていました。するとそれが夢であることに気づき、ならいいかということになり、そのまま続けることに。

そのあと就職することが決まった会社に挨拶をしにいくことになったのですが、朝6時ごろに自宅からどこでもドアでその会社の前を覗いてみると、同期の人がすでに来ていて、社員さんたちと話していました。私はこんな時間に来たんですかと驚いて、自分は9時ごろ参りますと伝え、どこでもドアを閉じました。

その会社に訪れると、何人かの社員達に説明を受け、最後に女性の社員さんからアドバイスをもらいました。楽器がどうのこうのって熟語みたいなのを紙に書いたあと、歌わないボーカルは意味がないと力説していました。私はそれをメモを取りながら聞いたあと、朝早くから来ていた同期の人に、何であんな時間から来たんですかと訪ねると、その人は「早く起きちゃったから」と答えていました。私が「普通、会社は9時ぐらいから出ないとやってないんじゃないかな」と言うと、女性社員さんが「普通はそうだね」と相槌をうってくれました。

今日は、複数の夢を見ました。

最初の方は、賃貸物件を探している場面や電車で移動している場面とかがあった気がします。一番印象的だったのは最後の場面。身内だけで旅行か何かに来ていて、そろそろ旅館に戻ろうということになり、車に乗って移動し始めました。そこは舗装されていない道で、最初は木が沢山並んでいました。少し行くと坂道になっていて、気づけば全員徒歩になっていました。その坂道を登っていると、後方から同じように上ってくる人たちがいて、その中に1体敵が混じっていました。私たちは慌てて坂を上りきり、旅館のあるほうへ曲がろうとしたら、私ともう一人が通ろうとした瞬間、ゴーストみたいなのが出てきて、通れませんでした。そこは十字路になっていたので、私たちは反対側へ向かって走りだしました。敵たちは追っては来なかったのですが、武器を振ると波動みたいなのが地面を伝ってきて、それにもう一人が当たったら即死してしまいました。私はその波動を避けながら前へ向かって走っていました。

かなり長い距離を走ると、右側に壁がずっとあったのですが、それを折り返すようにUターンする場所がありました。私はその角で身内に連絡を取ると、早く来いと言われました。私は「敵がいてとてもそっちには行けない」というと、迎えに行くと言われました。しばらく待っていると、父がやってきて一緒にさっきのところへ行くことに。ちなみに待っている間、元々泊まっていた部屋があり、そこでくつろいでいたため、ここでいいんじゃないの?と聞いていたかな。

2人で例の十字路まで行くと、さっき後ろからやってきていた人たちが、敵と戦っていました。私たちはそれを避けるようにして新しい部屋に入りました。そこは古臭い部屋で、布団もシミだらけのボロいやつでした。何故必死になってこっちにきたのかが分からなかったですが、結局そこに布団を敷いて寝ることにしました。気づけば私のほかに2人しかいなかったかな。

今日も、賃貸に関する夢を見ました。

知り合いが賃貸物件を借りて住むようになったのですが、家賃を払う際にあることを指摘したら、月々3万円近く家賃が安くなったと言っていました。何を指摘したか、ハッキリとは覚えていないのですが、確か何かが無いという感じの内容だった気がします。

それを聞いた私も、早速家賃交渉をしようとその指摘箇所を調べているあたりで目が覚めました。

今日は、知り合いの夢を見ました。

私が賃貸物件を探していると、同じように物件探しをしようとしている知り合いがやってきて、その話で盛り上がっていました。その知り合いもいくつか見て回ったようで、主にガス周りを中心に選んでいるようでした。エコキュートとかいろいろ解説していたかな。

その知り合いは、すぐに引っ越すわけではないようで、まだどんな感じなのかを見ているだけと言ってたかな。

↑このページのトップヘ