こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

カテゴリ: 今日の夢

今日は、弁当の夢を見ました。

どういう経緯でそうなったのかは分かりませんが、おそらく駅弁か何かを職場の上司が購入してきました。そしてその弁当について、だいぶ語っている場面だったと思います。それは普段600円の弁当なのですが、期間限定と言うことで670円ぐらいだったかな、少し値上がりしていました。普通は同じ値段で少しお得にするものなにの、と上司が訴えていたのが印象的だったかな。中身もハッキリとは覚えていませんが、おかずが1品増えただけだったと思います。ちなみにその上司は中に入っているおかずなどを1つずつ紹介していました。

それ以外だと、コンビニへ訪れた場面もありました。そこでは被災間近の人たちが押し寄せていて、その度合いに対して商品を無償で提供していました。加えて、店内が非常に窮屈で、通りが非常に狭かったのが印象的だったかな。お客たちが、自分の状況を考えて、商品を選んでいました。

あとは、サーバにファイル名を入力する窓に、入力できる文字数が半角で20文字になっているかどうかを確かめている場面もありました。

今日は、みんなで遊ぶ夢を見ました。

どこかの家に何人かで訪れている場面でした。最初は麻雀をやろうということになったのですが、そのときは15人ぐらいいたのかな。大人も子どもも混ざっていて、体調が悪い中わざわざやってきたという人たちを、まずは優先的に卓についてもらいました。残りは3卓あったのですが、そのうちのひとつは見知らぬ人たちが使っていたので、11人で2卓を使うことに。私は最初の余り組みになったのですが、気づけばその11人たちで鬼ごっこのようなことをやり始めていました。鬼は最初2人だったのですが、明らかに人手不足だったようで、3人になりました。そのときの鬼達の様子は、マッチョな人たちが汗だくになっている感じだったかな。

鬼が3人になってからは、まず逃げ切れなかったです。というか、このあたりからかくれんぼみたいになっていて、私は早々に捕まったのか、ずっと鬼達の前にいました。周りをよく見ると、中央に大きなコタツがあり、広いとは言え和室が1つあるだけだったので、みんなは床下に隠れていました。そして鬼たちが床下を調べている隙に、みんなして上の階へ上って行くと、住人の友人と妹がそれぞれのベッドの上でくつろいでいました。私たちは外へ出れる窓を使って外へ出て、やり過ごそうとしていました。外は小雨が降っていたかな。

しばらくすると場面が変わって、家を出てどこかへ行こうとしている場面になりました。夜中だったと思うのですが、色んな人たちが歩いていて、その人たちへ付いていく形でタワーマンションにやってきました。そこの一室で塾が開かれているようで、生徒と先生が沢山やってきていたみたいです。私はさらに奥へと進む人たちについていくと、黒服の人たちに追いかけられ始めました。狭い階段や通路を逃げている辺りで目が覚めたかな。

今日は、いくつかの夢を見ました。

まず、引越しした場面。実家の家をが引越しをすることになり、私も手伝っていました。ハッキリとは分かりませんが、私は一人暮らしをしていたのですが、実家が引っ越すことになり、戻ることになったみたいな雰囲気でした。新しい家に行ってみると、それなりに古い物件でした。木造の中古物件で、私は温水洗浄トイレは付いているかと聞くと、新しく買って交換したと父が言いました。見てみると見たこともないようなトイレで、便座などが全て収納できるタイプでした。見るからに無駄に手間がかかる上に、ドアとかもなかったので、どうしたのかと聞くと、忘れたようなことを言っていました。また、私が一人暮らし先から荷物を持ってくる際も、勝手にどんどん運んだらしく、元々備え付けだった物まで持ってきていたので、私は慌てて返すように言っていました。

次の夢は、どこかへ向かう場面。地下通路みたいなところを抜けると、飲食店みたいなところがあって、そこで何やら大勢の人たちが集まっていました。よく分からなかったのですが、四角い大きなテーブルにそれぞれが座り、そこに書かれている人物がパートナーとなるようで、私も何故かパートナーとして呼ばれていました。2回ほどゲームが行われて、そのどちらも昔のクラスメイトが私を引き当てていました。ゲームが終わると、そこで昼食をとることに。奥に行くと中華料理の弁当が置いてあり、1つ600円台で買えたかな。みんなそれを買っていたので私もそれを買って食べることに。箸はどこにあるかと聞くと、飲食店なのでそこら中に割り箸があるよと笑われました。

それ以外だと、どこかの集合住宅の1階にある商店街のようなところへ向かっている場面がありました。横断歩道手前のオープンカフェみたいなところに男が2人いて、缶コーヒーを飲んでいたのですが、缶をそこへ放置しようとして店員に怒られていたかな。

今日の夢は、あまり覚えていません。

中華街のようなところで、回転テーブルのあるお店で食事をっている場面があったような気がします。私一人ではなく、他に誰かいたとは思いますが、誰だったかはわかりません。

それ以外だと、何かの数字を見比べている場面があったと思います。何の数字だったかは分かりませんが、何度も数字を見てそれを誰かに話して、相談したりもしていたかな。

覚えているのはそれぐらいです。

今日は複数の夢を見た感覚はあるのですが、覚えているのは断片的です。

まず、電子基板みたいなのを検査する場面があったと思います。手のひらサイズの基板で、テスターを使って電圧などを調べていたのかな。それを上司のような人に報告していました。

それ以外だと、オフィスのようなところや夜の道の場面とかもあった気がします。

今日の夢は、あまり覚えていません。

たしか、職場の上司たちが何かを話している場面だったと思います。どんな内容だったかは覚えていませんが、Windowsがどうとか話していたかな。それとマラソンに関する話題もあった気がします。私はそれを近くで聞いているだけだったのか、話に参加していたのかは分かりませんが、近くに大きなテレビがあり、それにマラソンの映像が映っていたから、その話題になって痛んだと思います。

覚えているのはそれぐらいかな。

今日は、よく分からない夢を見ました。

どこかの場所にサイクリングに出かけた場面だったと思います。そこ帰り際、遅咲きのサクラみたいな花があちこちに咲いていました。それをみて、地元の小学校にも同じようなのが、毎年この時期に咲いていたのを思い出し、久しぶりに訪れてみることにしました。

小学校へ向かうための脇道へ向かうと、知り合いっぽい後姿が見えました。自転車で勢いよく、そのままどこかへ行ってしまいました。小学校の中に入ったかどうかは覚えていませんが、そこから出てくると、以前この近くに隠れ家的なお店があるというのを聞いたのを思い出し、早速行ってみる事に。そこは古ぼかしい看板で「カレー屋」と書いてあって、そこにもお店は合ったのですが、地下へ向かう階段を下りると、お目当てのお店がありました。私は入店して、何も頼まずに数分して店を出ていました。するとそこにはベンチが沢山あり、大勢の人たちが並んでいました。

その話を友人にしようと思い会いに行くと、2人の友人が丁度昼食をとろうとしていました。広めの食堂のようなところで、燃やし炒めみたいなのがかかった中華蕎麦らしきものを食べていたかな。それも信じられないような量で、結局具材が足りずさらに注文していました。

それ以外だと、桜並木を自転車で通り抜けている場面が、どこかにあった気がします。

今日は、動作テストの夢を見ました。

スマホかデジカメかは分かりませんが、撮影をした際の動作テストをしていました。ひたすら撮影を繰り返すのですが、テストする機体は評価ボードのような形になっていて、表面には動作テスト用のスイッチが、ズラリと並んでいました。その中のひとつをひたすら押し続け、保存されたデータを確認していました。それと、撮影の際のフラッシュも確認していたかな。

テストの際、シュレッダーにかけられた細かな紙くずがいたるところにあり、それらが頻繁に飛び散っていたような気がします。

今日は、麻雀の夢を見ました。

仕事仲間かどうかは分かりませんが、年齢に多少のバラツキがある面子でした。たしか男3人女1人だったかな。自宅かは分かりませんが、どこかのワンルームっぽいところの部屋に集まって、麻雀をすることになったのですが、いろいろと取り決めを話し合っていました。というのも、競技というか強さを競うような流れにするつもりだったようで、細かく決めていたようです。そのため、実際に打ち始めるまでの時間が結構あったかな。

席決めをした後、机を中央に持ってきて準備を始めたあたりで目が覚めました。

今日は、インパクトのある夢を見ました。

祖父母の家のようなところへ来ている場面だったと思います。外なのか中なのかは分かりませんが、雨の降っている中、2人の男たちが銃を持って殺し合いをしていました。そこに私もいて、同じ銃を持っていたので、二人とも私が撃ち殺していました。そしてそのまま戻り、また次の場面でも2人の男が散弾銃を持って殺し合いをしていました。今度は止めようとしたのですが、もみ合っているうちにまず片方の男に当たってしまい、それを見た撃ったほうの男が私に向かって撃とうとしてきたので、さらにもみ合っているうちにその男にも当たってしまいました。

その場面を目撃していた男が現れて、本来ならその2人を殺す予定だったと言い出しました。どうやら雇われた殺し屋のようで、私を殺そうとしてきました。仕方ないので私はその殺し屋を返り討ちにすると、リビングに戻り夕食にすることに。家族が夕飯を持ってきてくれました。それは私が昼間に作ったやつで、シシャモを焼いたのですが賞味期限の関係で昼のうちに食べてしまったやつです。残りはスープだけでしたが、体調を崩している私に配慮して持ってきたようです。みんなと離れた部屋で食事をしようとしたら、部屋の窓が開いていたと言われたので、調べに行きました。よく見ると窓が開いていたのですが、窓が3枚並んでいる珍しいところでした。

最後は食事を再開しようとしたら、その部屋にあった水槽に魚が戻ってきたということで、覗き込んでいたかな。

↑このページのトップヘ