こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

カテゴリ: 今日の夢

今日は、神社の夢をみました。

神社のようなところに訪れた場面だったともいます。そこそこ広い場所で、地元の人みたいな女性に、昔そこで起こった事件の話を聞かせてもらいました。どうやら、女生徒が2人いて、もう片方を何らかの理由で殺害してしまったそうなのです。それ以来、女性同士でそこの神社に訪れて、相手を呪ってほしいとお願いすると、その相手が謎の死を遂げるという噂があるそうです。

そして、その案内してくれている女性は、昔それを実行して、同級生の女の子を一人亡くしていると言っていました。私たちは少しビクビクしながら神社の中を散策していたかな。

今日は、朝からトラブルがあり、見た夢をほとんど忘れてしまいました。

誰かと、何かの話をしていて、器に入ったものの量を言い合っていた気がします。誰とどんな内容の話をしていたかは思い出せませんが、やたらと明るい場所だった気がします。

思い出せるのはそれぐらいです。

今日は、よく分からない夢をみました。

私のほかに同僚のような人がいて、一緒に計量をしていました。カップに液体を注いでどれくらいか計っていたのですが、その数字が非常に大きかったり、マイナスだったりして意味不明だった気がします。そしてその値が期待値とだいぶ違うということで、かなりうなされた感覚が残っています。

覚えているのはそれぐらいかな。

今日は、複数の夢をみました。

最初は、夜の田舎町に到着した場面。RPGのパーティのような仲間達と一緒に冒険しているようで、全部で8人ぐらいいたかな。そのうちの一人が、森に出かけたまま戻ってこなかったため、夜になって連絡してみたら、まだ森に入るということだったので、迎えに行くことになりました。町を出ようとした際に、宿泊施設はあるか確認したら見つからなかったのが印象的だったかな。そして、迎えに行くときは、なぜかドラゴンボールみたいに空を飛んで移動していました。

その後、場面が変わって学校に登校していました。最初のうちは正門から入っていたのですが、駐輪場が裏手にあるため、裏門から入るようになっていました。ちなみに、見たことのない学校で、裏手から入ると、貼紙がしてあって、そこに自分達のテストの点数を記入しておくようにと言われていました。私はいつもメモ帳を忘れてしまっていたので、期限ギリギリに記入していたかな。

それ以外の場面として、服を買いに行く場面がありました。何故か実家に戻って現場用の作業着に着替えてから出かけようとしていたので、変な格好になっていました。

今日は、いくつかの夢をみました。

断片的にしか覚えていないのですが、まずは一人暮らしから実家に戻る、的な流れの場面。誰かが結婚してたのか、自分がパートナーを連れて行くことになったからなのか、ハッキリとは覚えていませんが、親戚たちが集まっていました。それも見たことのないような、京都にありそうな古風な日本家屋に集まっていたかな。

それ以外だと、何かをアップデートするに際し、機能の一部が使用不可になるんだか、内容が変わるんだかで、色々と情報が錯綜している場面。ユーザー側ではなく開発側だったと思います。どうなっているんだ、的な内容の会話が、だいぶ飛び交っていたかな。

今日は、大雨の夢をみました。

駅前の小さな喫茶店でお茶をしている場面でした。お店の入り口から空を覗いてみると、物凄い黒い雲が徐々に迫ってきていたので、雨が降りそうだなと感じていました。そしてしばらくすると、その黒い雲が一気に地面に向かってのびてきました。どうやら、隕石みたいな感じで、雨粒に引きつられているようでした。そして一気に轟音と共に大雨になり、店の中までしぶきが飛んでくるようになり、店内の人たちがパニック状態で店の置くまで避難していました。

私も店の置くまで行くと、入り口の方で店員と外から逃げ込んできた女性が話をしていました。その女性はマンガみたいな非常に小さな傘をさしていたかな。そしてしばらくして雨音が弱くなったので、私は店員の女性と一緒に裏口から外の様子をみてくることにしました。すると、もうほとんど雨は上がっていて、通りがかりの女子高生が傘をさしながら話しかけてきました。

気づけば、私たち3人でお店に戻ろうとしていたのですが、さっきまでは地上にあったはずなのに、なぜか駅前の地下通路に降りていきました。そして女性の店員が、水道管のメーターみたいなところで作業を始めたので、私と女子高生だけで店に戻ることに。再び裏口から入ると、別の店員がさっきの雨の話をしていました。その辺りで目が覚めたかな。

今日は、よく分からない夢をみました。

SDカードの中にファイルが入っていえ、そのファイルの中身が暗号のような文字列になっていました。それが何を意味するのかは覚えていませんが、複数のSDカードを抜き差しして、そのファイルを何度もコピーしては、何かに使用していました。ちなみにSDカードの中にはほかにもファイルが入っていましたが、何だったかは覚えていません。最終的に、その文字列を別のファイルにコピーして使っていたかな。

今日は、複数の夢をみました。

まず最初は、どこかの山奥に訪れている場面。私のほかにも何人か一緒に来ていて、その人たちはすでに車に乗っていました。最初は自分達の車だと思っていたら、なぜかタクシーだったようで、気づけば私をおいて目的地へ行ってしまいました。私は一人お店に取り残されてしまったので、どうやって現地に行くか、考えていました。するとお店が閉店になり、辺りが真っ暗になってしまったため、慌てて近くにいた人たちに聞いてみることにしました。どうやら地元の人たちのようで、目的地までは数十kmはあると言われたため、とても歩いてはいけないので、近くに泊まれるようなところはないか聞いてみると、特にないといわれました。結局その後どうしたのかは覚えていませんが、近くに水が流れている道を歩いていた気がします。

その後場面が変わって、都心から地方まで伸びている電車に乗って、山奥まで来ていました。そこで記念に降りてスタンプを押してもらったりしながら、他のみんなと合流していました。そしてその話を電車好きにすると、私が行った方法では、1週になっていないためもったいない、と言われました。何のことかサッパリ分かりませんが、夢の中では説明を受けて納得していた気がします。

今日は、複数の夢を見ました。

一番印象的だったのは、見たことのない古風な感じの家に訪れている場面。私のほかにもう一人いて、一緒に家の中を散策していたのですが、自分たちがとても小さくなっていたと思います。というにも部屋が非常に広く感じました。加えてドローンのように自由に空を飛べていたので、幽体離脱をしている感じでした。

そしてある部屋に訪れると、一匹のねずみが天井裏に張り付いていました。そのねずみは私たちの知り合いのようで、私は「久しぶり~」的な挨拶をしていました。するとねずみがとてもチャラい言葉で話しかけてきました。どうやら天井裏にいるお爺さんと話をしているようで、そのネズミも幽体離脱しているような感じになっていました。そして話し終えると降りてきて、部屋の中で踊っていました。

今日は、何かの作業をしている夢をみました。

ベルトコンベアのようなもので、次々と何かが送られてきました。その1つ1つに、各担当者がチェックした内容が記載された用紙がついていて、その中の1つに画像解析部門があり、データに不安要素あり、的なことが書かれていました。

そこでその部門に行ってみると、QRコードを解析するところのようで、その解析データが正しくないようなことを説明していました。私たちはいくつかのテスト用QRコードで試してみたのですが、確かにあまり正しくなさそうなデータっぽかったです。そしてそれを何度か試している辺りで目が覚めたかな。

↑このページのトップヘ