こらくしょ!

【ゲーム】ガンオン、PoE 【ブック】レビュー 【夢】毎日見る夢

カテゴリ:情報全般 > サイエンス

アメリカにある観測施設「LIGO」の国際研究チームが15日、アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで開かれているアメリカ天文学会の会議で「重力波」の2回目の観測に成功したと発表したそうです。

2月に発表された最初の観測以来です。これでようやく信頼度が上がったということになるのかな。

■2度目の重力波観測、天文学はいよいよ新時代へ
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/061700226/

日経Linuxと日経ソフトウエアが、今年も「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使った電子工作や活用アイデアを集めたコンテスト『みんなのラズパイコンテスト2016』を開催したそうです。

以下は転載です。

●参加対象
Raspberry Pi(機種は問いません)を使っている作品で、電子工作の作品、デスクトップ/サーバーのアプリやミドルウエア、子供用など特定用途の利用環境、面白いケース(きょう体)などが対象です。
オープンソースソフトなどは自由に利用してください。実際に作った物、またはそのアイデアが対象です。

●応募資格
個人やグループ、団体(企業含む)で応募できます。複数の作品の応募も可能です。

●応募方法
作品/アイデアの概要、技術的な仕組み、アピールポイントなどを簡潔にまとめてご提出いただきます。実際に作った作品に関しては、写真や図版なども適宜ご用意ください。

●募集期間
2016年6月6日(月)~ 9月12日(月)


いずれラズパイを学ぶつもりだったんですが、さすがに応募期間までには間に合いそうに無いかな…。でも、なかなかおもしろそうなコンテストなので、機会があれば今後挑戦してみようかなと思います。子供がいれば、夏休みの工作とかにもってこいですね!

■みんなのラズパイコンテスト 2016
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/itpro-s/seminar/LIN/rpic16/

昨日、話題になっていましたが、日本で発見された新元素の名前が、決定したみたいです。

113番目の元素「ニホニウム」だそうです。物理はあまり詳しくないので、この元素がどういう意味を持っているのかは、サッパリ分かりませんが…。

それでも快挙みたいで、うれしいですね!

■ニホニウムとは?日本発見の元素 使い道やメリットは?
http://webfor40.net/shakai/nihoniumu

数日前にNASAが告知していた火星に関する重代発表が行われ、火星には液体の水が存在することが発見されたそうです!

季節ごとに消えたり現れたりする筋にを分光計で観測したところ、塩の結晶とみられる鉱物を観測したそうです。詳しいことはさっぱりですが、この結果から塩水が流れていた後がわかるようです。

液体の水は生命存在には不可欠な要素の1つなので、大発見といえるかもしれません。

■参照記事
http://www.gizmodo.jp/2015/09/nasa_wateronmars.html

東芝は16日、理論上盗聴不可能量子暗号通信システムの実証実験を開始したそうです。

解説を見ても詳しくは理解できませんでしたが、要するに大量の光子を使って1bitのデータを送信する今までの光通信とは違い、光子1個に1bitのデータを載せて送信するため、盗聴されるとその光子の状態が変化することで感知できる、というものらしいです。

5年以内の実用化を目指しているようです。想像していた以上に早くお目見えしそうだわ…。

■参照記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150618_707679.html

カリフォルニア大学アーバイン校が1月25日に、ゆで卵を元に戻す方法を発見したと発表したそうです。熱で変性したタンパク質を手軽に元に戻す方法を確立したようです。

記事では固まった白身を元に戻すと書いてあるけど、黄身のほうはどうなんでしょうかね…。それに元に戻せてあとは、普通の生卵として食べられるのかな?

■参照記事
http://ascii.jp/elem/000/000/973/973189/

3DプリンタメーカーのMakerbotで、今年の後半から石灰岩や木材、鉄などの合成素材が使えるようになるそうです!これにより、いままでのプラスチックによるものだけでなく、見た目も質感もより実物に近づくことになります。2015年の後半までは市販化されないようです。

いままで散々3Dプリンターでこんなものが作れたーって記事をみてきたけど、どんなに精巧に作れてもプラスチックの塊がなんかいらないわーって思ってました。ですがこれにより、3Dプリンターの革命が起こりそうですね。将来的には本当にあらゆるものがプリントできてしまうのだろうか…。

■参照記事
http://www.gizmodo.jp/2015/01/3d_158.html

ワシントン大学の研究チームが、人間同士の脳をインターネット経由でつないで信号を送り、他人の体を遠隔操作する再実験に成功したそうです。

一人がゲーム画面見ながら操作を脳で送信し、離れたもう一人がそれを受信してコントローラーを操作するみたいですね。
こいつは凄まじい予感がするぜぇ…。
ゆくゆくは教師の知識を学生に直接移植する「脳個人指導」も可能になるらしいけど、そっちのほうが期待が大きいかな。

■参照記事
http://japanese.engadget.com/2014/11/08/b2b/

理化学研究所は、光を通すと真空中よりも3倍速く進む新しい物質を開発したみたいです。
光速を変える物質を組み合わせることによって、光の進み方を自在に操れるとか。
「透明マント」を作り出すことも可能らしい。

光の速度を変えるっていう時点で、なかなか想像できないんですが…。
とにかくすごそうな物質ですね。

■参照記事
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102401002051.html

ヨーロッパの「欧州宇宙機関(ESA)」が、長年検出してきた物理学上ありえないような信号が、ダークマター(暗黒物質)を検出した瞬間であった可能性が高まってきているそうです。

暗黒物質は宇宙の大半を占める物質にもかかわらず、視認不可という謎の物質です。
それがついに検知できるようになったとなれば、大発見ですね!
すごい期待してしまう…。

■参照記事
http://gigazine.net/news/20141017-dark-matter/

↑このページのトップヘ